ポッコリお腹と内臓脂肪の原因

ポッコリお腹の原因には皮下脂肪と内臓脂肪が関係しています。

 

簡単にいうと手でつかめる脂肪が皮下脂肪、
手でつかめない脂肪を内臓脂肪といえます。

 

表面的には痩せているように見えても
ポッコリお腹になっている方は内臓脂肪が多い状態です。

 

この内臓脂肪が多いと糖尿病や高血圧、
動脈硬化などといった病気を引き起こしやすい状態です。

 

そのため、見た目だけでなく健康を維持するためにも
内臓脂肪を減らす努力が必要です。

 

ただ、ポッコリお腹の原因となる内臓脂肪は
皮下脂肪と比べ減らしやすい脂肪です。

 

特に効果的な減らし方は有酸素運動です。

 

皮下脂肪を減らすために有酸素運動を行う方も多くいますが、
まず減るのは内蔵についた脂肪です。

 

内蔵にある脂肪はエネルギーとして使われやすく、
有酸素運動をすることでまずこの脂肪から減っていきます。

 

炭水化物ダイエットなども人気がありますが、
このダイエット方法でもまず減るのは内臓の脂肪です。

 

お腹をへこますために腹筋は効果的ですが、
筋肉を鍛えることは皮下脂肪の燃焼効果を高める効果が高い方法です。

 

しっかりと腹筋を付けても内臓脂肪が多いと、
つかめる脂肪は少ないのにお腹が出ているという状態になってしまいます。

 

ポッコリお腹改善には脂肪が
どこに付いているかで効果的な方法を行うことが大切です。