ぽっこりお腹と内臓脂肪の関係について

ベルトの上にお腹がのってしまうような
ぽっこりお腹は内臓脂肪が原因です。

お腹につく脂肪は皮下脂肪と内臓脂肪の2種類があり、
内臓脂肪とは腸などの内臓周りにつくため、
下腹がつき出るぽっこりお腹になるのです。

お腹をつまんでみて肉がつかめるようなら
皮膚の下に脂肪がつく皮下脂肪、
つかめないようなら内臓脂肪という見分け方もあります。

 

男性に多い脂肪のつき方なのですが、
女性も閉経期が近づき女性ホルモンの分泌が減ってくると
内臓周りに脂肪がつくようになります。

 

女性ホルモンは皮下脂肪を蓄えて
胸やお尻を大きくして女性らしい体つきを作る働きをするのですが、
その女性ホルモンの分泌が減ると
皮下脂肪の代わりに内臓脂肪がたまりやすくなります。

 

ぽっこりお腹は見た目が悪いだけではなく、
生活習慣病の原因にもなります。

 

内臓脂肪からは血管を硬くする物質が分泌されたり、
様々な体に悪い影響を与える物質が分泌されるので
高血圧や糖尿病などの生活習慣病にかかりやすくなるのです。

 

ぽっこりお腹を解消するには
脂肪や糖分を控えるなど食生活に気を配る事が大切です。

 

また軽いジョギングや水泳、ウォーキングなどの
有酸素運動も内臓脂肪を減らすのに効果があります。

 

関連ページ

内臓脂肪の原因