お腹周りの脂肪の落とし方

お腹周りの脂肪は内臓脂肪ともいい、
ついたまま放置しておくと
動脈硬化や高血圧など
深刻な生活習慣病に発展しやすい傾向があります。

女性よりも男性につきやすいのが特徴ですが、
お腹周りの脂肪の落とし方は
体全体につく皮下脂肪と異なり比較的簡単です。

 

つきやすく落ちやすいの内臓脂肪の落とし方で
最も重要なのは食生活の見直しです。

 

カロリーをとりすぎると剰余分が脂肪として蓄積していきます。

 

肉食や毎晩のアルコールなどは控え、
野菜や魚、豆類などをバランスよく組み合わせるのが理想的です。

 

食べるときは野菜などの繊維質のものから食べ始め、
よくかんで食べると満腹感が得られやすくなるだけでなく
消化しやすい環境をつくるので脂肪を減らすためには効果的です。

 

朝食時にしっかりと栄養をとるようにこころがけ、
寝る直前や夜中の飲食は控えましょう。

 

運動を定期的に取り入れることも大切ですが、
効果を出すためには有酸素運動である事と継続することが必要です。

 

とくに半時間程度有酸素運動を続けると脂肪が燃焼する速度がはやくなり、
新陳代謝も向上します。

 

前後にはストレッチを行うと血の流れがよくなるので更に脂肪が落ちやすくなります。
補助的であればサプリメントを併用することもできます。